国民の皆様へ > 認定制度について

認定制度について

日本臨床歯周病学会 認定制度について

現在、日本国民の約8割が歯周病である、といわれています。

歯周病は細菌感染症です。放っておくと歯を支えている骨を溶かし、最終的には歯が抜けてしまう怖い病気ですが、自覚症状がないため、気づいたときには症状が進行しているケースが多く見られます。

歯周病は早期発見と適切な治療、そして定期的な健診で進行を防ぐことができます。

日本臨床歯周病学会では、国民の皆様の健全な口腔環境をお守りするため、歯周治療の専門的な知識、技術を持って日々研鑽を積む歯科医師を育成し、歯周病認定医、歯周病指導医、歯周インプラント認定医、歯周インプラント指導医の資格を設けています。

歯周病認定医

本学会員で、3年以上歯周治療に携わり、かつ研修施設で3年以上研修を行った者。

歯周病指導医

認定医を取得後、7年以上の学会歴があり、かつ指導医にふさわしい業績を有する者。
認定医を志望する者への教育および指導を行う。

歯周インプラント認定医

認定医の資格を持ち、且つその優れた知識や技術を、インプラント治療にも応用できる歯科医師である者。

歯周インプラント指導医

歯周インプラント認定医の資格を持ち、且つ今後歯周インプラント認定医を志望する者への教育および指導を行う者。
ページの先頭へ
Copyright © The Japanese Academy of Clinical Periodontology. All Rights Reserved.