会員の皆様へ > トピックス > 臨床研究を行うにあたっての注意事項

トピックス

臨床研究を行うにあたっての注意事項

2019年7月3日

編集委員会よりお知らせ

本会における研究論文の学会誌掲載に関して

令和元年七月一日

臨床研究の実施手続、認定臨床研究審査委員会による審査意見業務の適切な実施のための措置、臨床研究における資金等の提供に関する情報の公表制度等を定める「臨床研究法」が平成29年4月14日に公布され、平成30年4月1日に施行されました。

当学会におきましても、学術委員会における学術研究だけでなく、学会員の年次大会や支部研修会での発表および学会誌への論文掲載において、臨床研究の手続きが従来の形式とは大きく変わりました。

これまでも、歯科医師の臨床研究に関しては「疫学研究に関する倫理指針」に基づき、倫理審査委員会による研究前承認を受けた投稿論文のみを受領しておりましたが、今後は歯科衛生士の臨床研究に関しても同様の措置をとります。

臨床研究を実施される際には、研究を開始される前にCOI自己申告書(様式4),倫理審査申請書(様式1)および倫理申請諮問書(様式2)を学会事務局へ提出(当学会理事長宛)し、研究計画が倫理審査に通ったのちに研究を開始してください。

なお、この通達は歯科衛生士がR3年1月1日以降に研究を開始するものが該当致します。

また、大学もしくは他学会の倫理委員会において倫理審査の承認を受けている研究に関してはこの限りではありません。

編集委員長 吉田 茂

戻る
ページの先頭へ
Copyright © The Japanese Academy of Clinical Periodontology. All Rights Reserved.