会員の皆様へ > 認定歯科衛生士医について

認定歯科衛生士について

この制度は、歯周病の予防と治療の為の専門的知識と技術を有する臨床歯科衛生士を育成し、地域医療に貢献することを目指す制度です。

応募資格

  1. 通算3年以上歯周治療に携わった方、およびこれと同等以上の経験を有すると認められた方
  2. 申請時に継続して2年以上の学会会員歴を有する方
  3. 年次大会もしくは支部教育研修会への参加が3年間で2回以上ある方
  4. 認定歯科衛生士申請時に教育研修単位を30単位以上取得している方
  5. 中等度以上の歯周病患者5症例提示、任意の1症例に関する口頭試問を実施。
    口頭試問症例発表サンプルはこちら »
    口頭試問を受ける方への注意事項及びチェックシートはこちら »
    様式6・様式7における提出書類注意事項及びチェックシートはこちら »
申請方法・必要書類はこちら

更新について

認定歯科衛生士の資格は5年毎に更新するよう定められております。

止むを得ない理由で認定資格の更新ができない場合は救済措置があります。

詳細はこちら »

関連資料

下記よりダウンロードをしてご利用ください。

種別 名称 ダウンロード
規則 認定歯科衛生士制度規則

【Word】

規則 認定歯科衛生士制度施行細則

【Word】

規則 認定歯科衛生士制度審査施行細則

【Word】

【PDF】

附表1 認定歯科衛生士附表1(申請時)

【Word】

附表2 認定歯科衛生士附表2(更新時)

【Word】

口頭試問症例発表サンプル

【PDF】

口頭試問を受ける方への注意事項及びチェックシート

【PDF】

様式6・様式7における提出書類注意事項及びチェックシート

【PDF】

ページの先頭へ
Copyright © The Japanese Academy of Clinical Periodontology. All Rights Reserved.